大阪デジタルエクスチェンジ株式会社
別紙
 
 

             
項目
内容

売買立会日と売買立会時間


1.売買立会日
当社営業日
※ 以下に掲げる当社の休業日以外の日
・日曜日
・国民の祝日
・国民の祝日が日曜日に当たるときは、その日後においてその日にもっとも近い国民の祝日でない日
・前日および翌日が国民の祝日である日
・土曜日
・年始3日間
・12月31日

2.売買立会時間
・現物取引
 午前8時20分〜午後4時
・PTS信用取引
 午前9時〜午前11時30分 午後0時30分〜午後3時

取扱銘柄


東証に上場する普通株式、ETF、REIT等のうち当社が指定する銘柄
※PTS制度信用銘柄またはPTS貸借銘柄は、東証の選定銘柄の中から当社が選定した銘柄。

約定日


売買取引が成立した日

受渡日


約定日から起算して3営業日目

基準価格


東証の基準価格

発注方法


1.取引参加者等と当社が接続するシステムを経由して、売買の別(空売りの場合はその旨 )、PTS信用取引の場合はその旨(PTS制度信用取引かPTS一般信用取引の別を含む。)、銘柄、数量、価格等の注文内容を電子的に受け付ける。

2.指値の注文のみ可とし、成行注文は不可とする。

3.注文の有効期限は「当日限り」とする。
ただし、PTS信用取引に係る注文(その返済注文も含む。)は、午前9時〜午前11時30分、午後0時30分〜午後3時のみ受け付け、午前11時30分および午後3時時点で未約定の注文は、それぞれ当該時刻をもって全て失効する。

4.空売り注文については、決済措置の確認、空売りの明示、価格規制等、法令に基づいて取り扱う。
@当社PTSにおいて基準価格から10%以上低い価格(トリガー価格)での約定があったとき以降は、直近の約定価格が直前の異なる約定価格を上回る場合を除き、それ以下での価格で当該空売りはできない。この規制は、その後約定価格がトリガー価格を上回った場合においても、当日の取引終了までの間適用される。
A当社PTSにおいてトリガー価格に達しなかった場合においても、銘柄ごとの主たる市場においてトリガー価格に抵触し空売り価格規制が適用された銘柄は、当社PTSにおいて翌営業日の取引開始から終了までの間、上記@と同様の価格規制が適用される。

呼値と制限値幅


1.呼値の刻みは別表に記載。

2.制限値幅
原則として、東証の基準価格、制限値幅を採用する。東証において制限値幅の拡大措置がとられている銘柄については、当社PTSにおいても制限値幅の上限または下限を拡大する。

約定方法


1.【顧客注文対当方式】
取引参加者の提示した指値が、取引の相手方の提示した指値と一致する場合に、その指値を用いて売買を成立させる方法。すなわち、すでに受注している売り注文(または買い注文)の指値と、新たに受注した買い注文(または売り注文)の指値とが合致した際に売買が成立する。

2.【価格優先】
売り指値注文については、価格の低い注文が価格の高い注文に優先し、買い指値注文については、価格の高い注文が価格の低い注文に優先する。

3.【時間優先】
同じ価格の注文については、当社が注文を受け付けた時間の先後によって、先に行われた注文が後に行われた注文に優先する。

取引の単位


原則として、発行会社が単元株式数を定めているときは当該単元株式数とし、定めていないときは1株とする。
ただし、東証での売買単位が10株(または口)未満の銘柄は値段により売買単位を切り上げる場合がある。

決済のルール


クリアリング機構とクリアリング機構の現物清算参加者である取引参加者等との間でクリアリング機構の業務方法書の定める方法で決済を行う。
クリアリング機構の現物清算参加者でない取引参加者等の場合、指定現物清算参加者を指定することにより、クリアリング機構と当該指定現物清算参加者との間で決済を行うことができる。

手数料


当社所定の手数料を徴収。

BACK