SBIジャパンネクスト証券
別紙2
JNXクロス(市場価格売買方式)
 

項目
内容

売買立会日と売買立会時間

当社営業日の午前8時00分から午後5時00分まで。
なお、当社における営業日とは、次の休業日以外の日をいいます。
(1) 日曜日
(2) 国民の祝日
(3) 国民の祝日が日曜日に当たるときはその日後においてその日に最も近い国民の祝日でない日
(4) 前日及び翌日が国民の祝日である日
(5) 土曜日
(6) 年始3日間
(7) 12月31日

取扱銘柄

東京証券取引所に上場する普通株式、ETF及びREIT等のうち当社が指定する銘柄とします。

約定日

売買取引が成立した日を約定日とします。
なお、JNXクロスにおいて、各ラウンド(後述)でクロスした後は大引け後に約定確定するまでキャンセルすることはできません。

受渡日

JNXクロスにおいて約定した取引は、約定日から起算して4営業日目に決済を行います。

発注方法
(JNXクロスの場合)

取引参加証券会社から接続するシステムを経由して電子的に自己・委託の別、売買の別、銘柄、数量、取引ラウンドを指定した注文を、FIX電子注文により受け付けます。
その際には、BLOOMBERG EMSXなどのインターフェイスをご利用いただくことも可能です。注文の受付は各ラウンドにおいてクロスする直前までとなります。
注文の有効期限は、「当日限り」とします。ラウンドが複数回ある場合、クロスされなかった注文は自動で次のラウンドに繰越注文することが可能です。特に指定がない場合は、最終ラウンドまで引き継いだ注文とします。
また、翌営業日以降のラウンドを指定した注文は、受け付けません(当日受付、当日執行のみです。)。注文金額に関し、その上限金額は設定されておりません。

約定方法
(JNXクロスの場合)

売買価格については、金融商品取引所の公表する終日VWAPにより決定します。なお、重複上場銘柄の場合、QUICK社の基準に基づいた優先市場のVWAPを利用します。
取引を希望する取引参加者の売買注文をあらかじめ定めた時刻までにシステム上に集め、クロスを成立させます。1回の取引機会を「ラウンド」と呼び、ラウンドで複数の売買注文を同時に付け合わせることを「クロス」もしくは「クロッシング」と呼びます。クロスは以下のように行います。

a)終日VWAP
終日VWAP値は取引当日の午後3時00分に東京証券取引所が公表する売買高加重平均値を元に約定を成立させます。(なお、重複上場銘柄については、QUICK社の基準に基づいた優先市場のVWAP)
終日VWAPに関するクロッシングのラウンドは次の3回とします。
1回目:午前8時20分(注文受付開始8時00分)
2回目:午前8時35分(注文受付開始8時20分)
3回目:午前8時48分(注文受付開始8時30分)

b)クロッシングのルール
取引参加者からの売り注文と買い注文について、クロッシングは次の順序と手順で行われます。

@取引不可能な注文の除外
取引所で売買停止となっている銘柄等取引不能な銘柄あるいは注文があれば、それらを除外します。

A注文数量を基準としたマッチング
上記@を終えた後、各銘柄について数量の多い注文からクロスを成立させていきます。その際、注文数量は各注文毎に判定し、参加者単位の数量合計は行いません。

B注文数量が同じ場合
当該注文の数量が同じ場合、最初の注文を出した時間が早い注文を優先します。

取引の単位

原則として、発行会社が単元株式数を定めているときは当該単元株式数とし、特に定めのないときは1株とします。単位未満株の約定は成立させません。

決済のルール

ジャパンネクストPTSに係る清算機関としてクリアリング機構を指定しています。よって顧客は、クリアリング機構の業務方法書の定めるところにより、顧客がクリアリング機構の現物清算参加者である場合は当該顧客と、顧客がクリアリング機構の現物清算参加者でない場合は当該顧客が有価証券等清算取次ぎの委託先として指定する指定現物清算参加者と、クリアリング機構との間で行います。

手数料

当社所定の手数料を頂戴します。

BACK